FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは酷い PowerDVD9(OEM版)サポート切れ

予約開始と同時にAmazonでポチった、リメイク版「死霊のはらわた」ブルーレイが昨夜届いた。
内容が内容だけに居間のテレビで観るのははばかれたので、PCで再生することに。

しかし、バッファローのBDドライブに付属していたPowerDVD9で再生ができない。

なんか、「このコンテンツの再生を継続するには 、CyberLink PowerDVD をアップデートする必要があります。」とメッセージが出て、その後画面に従いアップデートを完了しても、「このコンテンツの再生を継続するには 、CyberLink PowerDVD をアップデートする必要があります。」と再び表示され、無限ループ。


あ!なんかパッチを当てなきゃダメか。
このBDドライブを買ってから二年以上たつけど、パッチ当てた覚えないし、というかパッケージのBDを再生したことすらないし・・・とサイバーリンクのサイトへ行って、とりあえずそれらしいパッチをダウンロードしようとしたところ、そこには「本バージョンのダウンロード販売版およびパッケージ販売版の開発は終了しております。 今後修正パッチおよび最新AACSキーの更新予定もございませんので不具合など出る場合には最新バージョンのご購入をご検討下さい。」と。

AACSキーの更新がない!?
修正パッチは良いとしてAACSキーの更新がなければ、新しいBDの再生ができるわけないじゃん!!

でも、とりあえずそれらしいパッチをダウンロードして入れてみたけど、やはり同じ状態のまま・・・

そんなことをしてるうちに夜も更け、もう今から映画を観る時間じゃなくなったので、PowerDVD13の体験版をダウンロードし、再生ができることを確認して、昨夜は就寝。

本日になってちょっと調べてみると、かなり有名というか悪評高い仕様みたいで、バージョンアップで新しい製品が出てから二年くらいでサポートが切れ、その後は、AACSキーの更新がなくなり、BDの再生ができなくなるらしい。

要はBDを見続けたかったら、新しいバージョンを買え、と。

しかしまぁ、1万円ほどのソフトを販売して2~3年で使い物にならなくなり、サポート切れだから新しい製品を買ってね、ってどれだけひどい商売をしているのか。

PowerDVD9のバージョンアップを促すポップアップをクリックすると、ユーザー限定で40%OFF!6980円だよ!みたいなページに飛ぶけど、それでも高いよ!数年で使えなくなるんだから!!と思ってしまう。

てか、こんなことなら現在、1万円前後で買えるパナとかソニーとか東芝のBDプレーヤーを買った方がいいんじゃないか、と。

まぁ、BDプレーヤーだと置き場所の問題とか、PCで一元化した方が何かと便利ってのはあるので、悩みどころではあるんですが。

てなことで、PowerDVDはくそ、という話でした。

てか、諸悪の根源は利用者を無視した著作権保護にあるような気もしますが。


追記

サイバーリンクは糞だけど、バッファローはどうなのよ?とバッファローのサポートページをチェックすると、「サイバーリンクにて正式版PowerDVDのサポート期間が終了している場合も、製品添付の以下PowerDVDはOEM版のため、引き続きサイバーリンクにてサポートを受けることが可能です。」とある。

これは!と思いもうちょっと調べてみると、サイバーリンクのページにあるパッチを当てると正式版と同様になり、OEM版のパッチが当てられなくなるらしいので、一度アンインストールして再度インストール。

その後、Powerdvd9の画面左上の↑矢印からアップデート(これがすごくわかりづらい)すると、2回のアップデートがあり、無事に再生できるようになった。

ドライブに付属しているPowerdvdのバージョンは、ただでも一つ二つ古いバージョンなので、下手をすると在庫処分のドライブを買ったりしたら、最初からサポート切れでBDの再生ができない、なんてことになりそうなので、その救済処置なのかも?

てなことで、とりあえず良かったけど、そのうち再生できなくなるのは間違いなさそう・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。