FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光 2013年9月の収支計算

まずは、ここ3日の実績

■9月15日
発電量:15.9kwh
売電量:10.4kwh
売電率:65.4%

■9月16日
発電量:8.9kwh
売電量:5.4kwh
売電率:60.7%

■9月17日
発電量:30.2kwh
売電量:26.7kwh
売電率:88.4%

16日は台風が県内を通過したこともあり発電量は一桁。
でも、本日は台風一過、ほぼ一日晴天で久しぶりに30kwhを超えた。
前回、日が短くなり当分30kwh越えは無理かな、と書いたけれど、気温が下がった分発電効率が上がった感じ。
実際、15日の日に雨が上がり日が差した午前11時台に、猛暑だった8月では見たことのない瞬間的な発電量が5.7kwhという値をモニターで確認したので、きっとそうに違いない。
明日からはしばらく良い天気が続きそうなので、今までの分を少しでも多く取り返したいところ。


さて、待ちに待った東電の検針が11日に来て、9月分の電気料が分かったので収支計算をしてみる。

計算するに当たって参考にと、いろんなブログや施工業者のサイトなどを見て回ったけれど、いくつもの計算方法があってどれが適切なのか判断付かず・・・。

なので、あれこれ計算してみる(笑)


8月13日~9月11日(30日間)の実績

■買電:7,021円(使用量 316kwh)
■売電:20,102円(買取量 529kwh)
■自家消費:4,224円(167.7kwh @25.19円)
※自家消費の計算に使った電気料は従量制2段階目の単価。

単純に計算すると、

売電(20,102円)-買電(7,021円)+自家消費(4224円)=17,305円
これが純利益(といえば良いのかな?)
でも、これだと(とりあえず)現時点での毎月のローン返済額20,218円に満たないことになる。

そこで、オール電化の効果として費用が発生しなくなった、ガス(コンロ、暖房)、灯油(風呂)の金額を足してみる。

2012年6月~2013年5月の1年間の光熱費は下記の通り。

■電気代:158,755円(13,230円/月)
■ガス代:53,780円(4,482円/月)
■灯油代:53,000円(4,417円/月)
■合計:265,535円(22,128円/月)
※灯油代は、ポリタンクを持ってガソリンスタンドへ買いに行っていたので、正確なところがわからず概算です。

純利益(17,305円)+ガス代(4,482円)+灯油代(4,417円)=26,258円

これで、とりあえずローンを組んでも、月の支出額が増えていないことが確認できた。

さらに、減った電気代を計算に入れて節約効果で考えてみる。
節約効果なので自家消費の金額は計算に入れず。

太陽光発電導入前に掛かっていた電気代(13,230円)-9月の電気代(7,021円)+9月の売電(20,102円)+ガス代(-4,482円)+灯油代(-4,417円)=35,210円

これは、価格コムの太陽光発電のページにある実績レポートと同じ計算方法。(のはず)
で、これからローン金額を引くと、14,992円のプラス。

ということで、太陽光の導入は正解?
まぁ、結論は急がず、少なくとも1年間の実績をみるつもりですが。

なにはともあれ電気代がすごく減ったことに驚き。
昨年の9月は電気代が16,024円だった。
それが、猛暑の中エアコン使いまくりで7,021円って、太陽光+オール電化にして良かったとつくづく思ったところ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。