FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS入れ替えとアクティベーション

最後に残っていたiPhoneアプリの移行が完了したので、昨夜はサブPCのOS入れ替えを実行。

数十分でインストールは終了し問題なくXP Proが立ち上がる。

続いてWindows Updateを行う。
Service Pack 1すら適用されていない古いバージョンなので、Updateするファイルの数が半端じゃない。

途中、アクティベーションを求められる。

画面に従ってポチっとしたところ「OSが古すぎるんじゃ!とっととWindows 7を購入しろ!ボケェ!!」と怒られて焦るが、タスクバーの「30日以内に云々」と表示されているバルーン側からアクティベーションを行ったら難なく認証完了。

サブPCのWindows Updateを進めながら、メインPCのWindows 7のアクティベーションを実行。

ちょっと嫌な予感というか、ある程度予想はしていたのだが、認証失敗。

アクティベーションの仕様とか仕組みとかが不明なので何が悪いのかはわからないが、1時間ほど前までサプPCで動いていた認証済みのWindows 7だとか、アップデート版なので元になったXPが、今さっきサプPCで認証を済ませたXP Proだとか、まぁ、そんなところがダメなのかもしれない。

仕方がないので画面に表示されていた、自動電話による認証を試す。
これってネット環境がないときに使う認証方法だよな、と思いながらも試す。

電話の指示に従い、長い長い確認IDを電話のボタンから入力したところ、インストール回数を超えてるからダメとかなんとか。

そして、そのままオペレーターにつなげます、と。

しばしの呼び出し音のあと、電話の向こうにオペレーター。
オペレーターは妙に抑揚のない声で話す男性。

簡単に状況を話すと、今試した確認IDの頭6ケタを教えてくれ、と。
伝えるとデータベースを調べるので少々お待ちください、と。

いつの時代の電話を使ってるんだよ?と思える、単音で鳴り続ける保留音のLet It Beが物悲しい。

データベースで確認が取れた後、Windows 7のパッケージの形状、メディア(インストールディスク)の中心部のラベル色などを聞かれる。

正規版との確認が取れたらしく、新たな確認IDを3ケタずつ教えてくれたので、それを聞きながら入力。

最後に「次へ」だか「確認」だかをポチっとして、認証完了。

過去に何度もOSのインストールをしてきたけれどアクティベーションが通らなかったことはなく、電話でのやり取りはこれが初めての経験だが、想像していたより簡単でなんだか拍子抜け。

事情説明なんて「自作PCでOSを別のPCで入れ替えたら認証ができなくなった」と言っただけだし。

データベースにどのような情報が蓄積されているのか知らないけれど、それで何かがわかるのだろうか?

まぁ、簡単に終わって良かったのだが。

ということで、OSの入れ替え&Winows 7のアクティベーションが終了し三台のPCが正式に稼働を開始しました。

で、今夜からはメインPCにあれこれソフトをぶち込んで動作検証です。

古いPhotoshopとかWindows 7の64bitで動くのかなぁ・・・。



でもって、Photoshopなんかより先に、昨夜はグラナド・エスパダとCABALのクライアントを落としインストールしてみました。
ログインしただけだけど、どちらも問題なく起動。

これでもう32bitに戻ることはないと思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。