スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはこんな時間に更新

■サブPC
あれこれ考えたけど、以下のパーツを知人からもらい受けたので全く違う展開になってしまった・・・。

入手したパーツ

CPU:Pentium4 530J(3.0GHz FSB800MHz LGA775 Prescott)
M/B:BIOSTAR I915P-A7-A02(LGA775 4×DDR ATX)

これに壊れたPCから512MのDDRを4枚、PCI-EのGeForce6600、ドライブその他を流用、そして電源を買い足せばなんとかサブPCの確保が出来るはず。

ああ、爆熱CPUでたしかリテールファンが爆音のはずだから、CPUファンも買っておくか。

ということで、明日は朝から近くのPCショップでパーツを揃えてから組み立てる予定。

■SpotCool
これ欲しさにANTEC MAPに画像を投稿。

乞食って言われてもいいもん。
実売価格が3000円ほどする物をただでくれるって言うんだから、もらわない手はない。
CPUクーラーをサイドフローの刀2に換えてからシステム温度の上昇が気になって、ちょうど欲しかった物だし。

で、取り付けてみた。

spot_20080718235855.jpg

風を送る場所は、ASUSやユニティのサイトにあるFAQを参考にメモリモジュール周辺。

以下、参照。

Q:MB Temperature(マザーボード温度)が熱いように思います。これは何かの異常でしょうか。それとも冷却不足なのでしょうか。

A:本製品の温度センサ項目のうち、MB Temperature(マザーボード温度)は従来の製品とは異なり、メモリモジュール周辺の温度を測定しております。
これはシステムの安定性に関わるメモリモジュール周辺の温度を重視する設計を行ったためです。

(途中略)

~MB Temperatureの温度が高いようであれば、筐体内のケーブルをまとめるなど、メモリモジュール周辺のエアフローを改善していただくことや、必要に応じてメモリモジュール付近をファン等で冷却していただくことをご検討下さい。

なお、本製品の動作保証温度は0~50度となります。動作保証温度内におけるMB Temperature側の表示温度は、0~65度程度を目安としてお考え下さい。

(以下略)


まあ、温度的には全く問題は無かったわけですが、リテールよりシステムが冷えないというのがどうも気になっていたわけです。(サイドフローになり問題の箇所に風が当たらなくなったので当然の結果なんですが)

結果

temp0718.jpg

室温30.6℃(そろそろ日も変わろうという時間なのに暑い・・・orz)でこんな感じ。

SpotCool導入前はCPU温度とシステム温度がほぼ同じくらい(たまにシステム温度の方が上)だったのが、かなり低くなりました。

ということで、良い物もらったなーと喜んでいるところw


■ドライブのトラブル
リンクを貼ったりするのでこちらにて。

ディスク認識エラー用のクリーニングディスクは下のリンク先の一番右側のやつみたいなのかな?

http://www2.elecom.co.jp/accessory/cleaning/media/ck-dvd7/

こいつは読み込みを試みる時にクリーニングしてくれるので、けっこう良いみたいな感じなんですけど。

まあ他社のクリーナーでもディスク認識エラー用とあるので、同じような物なんでしょうね、きっと。

で、もしドライブ自体が故障していた場合は、ドライブだけ買ってきて自分で交換してしまえば4000円くらいで済むのですが、慣れないと難しいかな・・・。

どんなケースをお使いかが分からないので何とも言えませんが、電源と接続ケーブルを外してからネジを外し壊れたドライブを取り出し、あとは逆に新しいドライブを取り付け、電源とケーブルを接続するだけなんですが・・・。

私が近所に住んでたらすぐにでも交換に伺いますけど、富士の麓から四国までは遠すぎるw

ということで、近くに詳しい方がいらっしゃれば相談するのが一番かと。

ちなみにお使いのPCはメーカー製?
メーカーと型番が分かれば、何かもう少しアドバイス出来るかもです。(あまり期待しない方がいいと思いますが)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。