Amazon

28日の夜にAmazonで商品をポチって、昨日発送完了のメールが来たから、今日届くだろうと思っていたら来やしない。
で、配送状況を確認したら今年できたという佐賀県の鳥栖から発送されていた。
なぜに、千葉から発送しない・・・。

これって、3年ほど続けて止めたAmazonプライムに入り直せ、っていう嫌がらせじゃねぇの!(泣

スポンサーサイト

すごい



なるほど。

10年以上前に比べたら随分と落ちぶれちゃったけど、私も一応技術者の端くれ。
でも、その技術を営業に、とか全く思うことなかった。

それを先生は。
また、そう考えて動機もすばらしいですね。

ぜひ、頑張ってください。

陰ながら応援しております。

さて、どうでもいい話。


■サラウンド

BASE-V30HDXを導入してからそろそろ、2ヶ月。

それなりのサラウンド感はあるものの、なんかフロントはステレオ感が足りない、リアはすぐ後ろで個々に鳴ってる、なんて感じで満足できなかったため、スピーカーの配置換えを実施。

まずはリア(L)を天井近くの壁に取り付け。

s1.jpg

取り付けには、スピーカーの重量が1Kgしかないことからこれでも行けるだろうと、石膏ボードでも強力に固定できるという「ハイパーフック かけまくり」なるものを使用。
ちなみに近所のホームセンターで2個一組で420円だった。

リア(R)は、本棚の上に置いてみた。

s2.jpg

地震等での落下が怖いので、スタンド取り付け用のねじ穴にボルトを付け、本棚の転倒防止用の器具にナイロンの糸でしばりつけてある。

で、リアのスピーカーは真横を向いていて視聴位置方向には向けていない。
これは、BASE-V30HDXの取説の図やONKYOのブログで解説されていたりして下記の理由により、良いらしいのだ。

http://www.e-onkyo.com/info/archives/hometheater/050422204716.html



以下引用

スピーカー間の絶対距離が短いホームシアター環境下では、定位感の強調を避け音場の高さ方向の表現力を増すため、サラウンドスピーカーの設置位置については、中高域ユニットがリスナーの耳の位置から60cm~1mの高さ、さらにリスナーから60cm~1m後方に設置します。また、近接視聴による過度な定位感を抑えるため、基本的にはサラウンドスピーカーはリスナー方向に向けず、真横に向けます。

ここまで引用


話は前後するが、この真横に向ける設置が良いということが今回スピーカーの配置を変えることに踏み切った理由。
というのも、角度を付けて視聴位置にスピーカーを向けるとなると、専用のブラケットを買うか、なにかホームセンターで売っているような金具を工夫して組み合わせるとかしなければいけないが、真横なら今回の様な簡単な方法でスピーカーが設置できるから。

で、リアを壁などに取り付けたので、今までリア用だったスピーカースタンドをフロント用として、テレビの横に持ってきた。

s3.jpg


狭いテレビ台の上でテレビと重なる様に置いてあった状態から、かなり左右の距離を広げることができた。

位置変更後、はやる気持ちを抑えて付属マイクを使用してスピーカーのセッティングを自動調整。

調整後、さっそく視聴。
視聴に使用したのは、月刊HiVi10月号の付録「DTS & HiVi デモンストレーションBD」。
ちなみに、この付録が欲しくて10年ぶりくらいにHiViを買った。

この付録のディスクは音声が全てDTS-HDマスターオーディオで、サラウンド感が強い映画の一部とかDTSのロゴ映像とかが収録された、試し聴きにはぴったりのディスク。

一聴して分かるのは音に広がりが出たこと。
スピーカーの間隔を離したので当然と言えば当然なんだろうけど、広がりだけでなくサラウンドを語るときによく言われる「包み込まれる」音というものに、少し近づいた感じがする。

また、前後の音の動きも視聴位置のすぐ後ろにリアスピーカーがあった時と違い音の動きも移動距離もかなり改善された。
そして、スピーカーを高くしたことにより、例えば前方から飛んできて後方右へ抜ける飛行機の音などが前後の位置だけでなく、高さも感じられるようになった。

ということで、作業時間約二時間、出費約800円でかなり満足のいく結果となったので、しばらくはこの状態で行くつもり。



■24
土曜日の20時過ぎから日曜の16時過ぎまで、WOWOWで放送された「24 シーズン1」の録画が無事完了。
15時ごろから台風の影響で雨が強くなり、受信障害を起こさないかヒヤヒヤものだったけど、無事に録れてよかった。

とりあえず、昨日中に各話前後のいらない部分をカットしたので、今日は今からBD-REに全話ダビングするつもり。

で、いつ観るかは不明w
プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク