Youtubeへリンクをはりたかっただけ?

夏の電力不足対策として7月~9月は土日出勤の月火休み。
週休が変更になっても特に生活に支障はないので、まぁいいか、って感じ。

さて、某先生のブログに影響を受けて映画の話。

■ソルト
アンジェリーナ・ジョリー主演。
二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追われる身となったCIAエージェント、ソルトのお話。

強い女が闘う映画は大好きなので、まずまず楽しめた。
早い段階で「どうみてもこいつが怪しいだろう」って分かってしまうのと、ラストが「え?ここで終わり?」「続編を作る気満々?」というのがちょっと不満だが。

途中まで、正直ジョリー姉さんも歳くっちゃったなぁ、なんて思いながら観てたんだけど、黒髪ロングに化けたら、あら素敵w
なかなかお似合いでした。

で、劇中殺したのは敵だけど仲間だったロシア側の人間だけ、追ってくるアメリカ側の人間は一人も殺していないのが印象的。


■インセプション
一度観ただけじゃ全く理解できていない。
だから今の感想は、まぁ面白かったけど・・・といった感じ。
だけど何度か見返して4階層に及ぶ夢の関係なんかを理解したら、ガラッと評価は変わると思う。

映像はすごい。
これは劇場で観るべきだった、と後悔したレベル。

で、他人がつくった虚構の世界、目の前で崩れ落ちる世界、何層もの虚構、などなどディック(P・K・ディック)っぽい雰囲気がいっぱい。(監督はディックのデの字も出していないけどそれなりに影響はあったはず、と勝手に思っている)

ただ、雰囲気は同じでもディックの世界と違うのは、主人公たちが虚構の世界を作る側だからか。
ディックの世界なら主人公は仕掛けられる側。
それまで現実だと信じていた世界が他人に作られた世界だと徐々に分かり、そこから脱出するためにもがく、みたいな。

てなことで、この映像技術でどなたか、「宇宙の眼」とか「ユービック」を映画化してください。(ユービックは映画化の話があるらしいが)

でもって話がそれたけど、この映画はあと3回は観ないと正当な評価ができないと思ってます。


って全然映画評になってないのは相変わらず。




で!

久々に4亀にアクセスしたらこんな動画が紹介されてた。
(実際はこのゲームが日本語版となって秋に発売されるという記事だけど。)
今年の初め頃にかなり話題になったらしいけど、ゲーム自体に興味を失っていたので、全く知らず。

でもこの動画凄いわ。

ということで自分用ブックマーク。



なお、18歳未満はアクセス禁止ですw


スポンサーサイト
プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク