映画観てます

最近観た映画のリスト&役に立たないコメント。

■ランボー 最後の戦場
20年ぶりのランボーって、とても今さら感が。

何年ぶりか知らないけれど復活したダイハード4も面白くなかったし期待できないな、なんて思って見始めたらこれが大間違い。

見終わって一言。

これは凄いものを見た・・・。

頭は吹っ飛ぶは、腹に穴が空くは、腕はちぎれるはの殺戮シーンは下手なスプラッターよりも凄い映像。

基本的には勧善懲悪なストーリーなので、これを見て単純にスカッとするもよし、そこに込められたメッセージを考えるもよし、マジお勧めの映画。

でも、グロが苦手な人はちょっと注意。

■ストレンジャー・コール
『夕暮れにベルが鳴る』のリメイクだとか。
『夕暮れにベルが鳴る』なんて知らんけど。

スプラッター描写など一切ないホラー映画。
怖さをあおる(つもりらしい)BGMの中、来るぞー、出るぞー、と引っ張って何もありませんでした、が連続する退屈な映画。

ヒロインが可愛かったので最後まで見られたけど、正直つまらない映画。

■アローン・イン・ザ・ダークII
元ネタのゲームをプレイした事はないし前作も見ていないでの視聴。

どうしたらこんなにつまらない映画を撮れるんだ、というほどつまらない映画。

襲ってくる恐怖の対象が魔女で、その魔女は黒いマントを被ったただの婆さんで少しも怖くないし、最初から最後まで盛り上がらないという。

で、すでにラストがどうなったのかも忘れてしまったw

これを見たら上のストレンジャー・コールが傑作に思えてくるほどの出来。

時間の無駄だから見ない方が吉。

■ブラッド・ダイヤモンド
内戦の続くアフリカのダイヤモンド採掘を巡る不正取引を描いた社会派ドラマ。

なんていうから、堅いだけの映画だと思っていたらそれなりにアクションがあって面白かった。

もちろん“社会派”の部分もあれこれ考えさせられるし、最後は泣けるしで、かなり良い映画でした。

で、主演のディカプリオ。
タイタニックという映画が嫌いだったし“レオ様”なんて呼ばれていた当時のイメージから、ろくに作品を見てもいないのにかなり毛嫌いしていたんだけど、知らない間に渋くて格好いい俳優になっていたんですね。

ちょっと驚き、というかイメージだけで嫌っていた自分を反省。

でもって、最初は誰だか分からなかったジェニファー・コネリーが大人の女性になっていてこちらも驚き。

ジェニファーというとフェノミナの蛆虫まみれしかイメージしか、なかったから。

■レイジング・ケイン
デパルマの映画ってつまらなくはないけど、なんかイマイチ肌に合わない。
どこがどうって言えないんだけれど。

ヒッチコックとか映画技法に詳しければきっとその面白さが分かるのかなぁ、なんていつも見終わったあとに思ったりするんだよなぁ。

■ミラーズ・クロッシング
1920年代のアメリカ東部のある都市で、アイルランド系とイタリア系ギャングの抗争を描いた映画。

すげー!ハード・ボイルド!!

主人公は負け続けのギャンブラーで、頭が良いだけで殴られまくりで決してヒーローじゃないんだけど、台詞がいちいちかっこいい。

その昔、ハメットに少しだけハマった、私にはかなりきた映画でした。



その他、「クラーケン・フィールド/HAKAISHIN」とかみたけど、コメントするような映画じゃなかったので省略。



スポンサーサイト

ガメラ

8月にBS11でガメラシリーズ全作が放送される。
しかもHD画質で。

これは全て録画だ。
そして、昔アナログのWOWOWで録画して焼いてある、SD画質のDVD-Rは全て廃棄だ。

で、昭和のガメラも懐かしいが、平成ガメラ三部作がHD画質で見られるなんて、なんたる幸せ。

怪獣映画の最高峰だと個人的に思っている『ガメラ2 レギオン襲来』を早く見たい。

この作品のガメラの格好良さは異常だもんなぁ。

プールとコストコ

火曜日は休みを取って久しぶりに「東京サマーランド」へ行ってきた。
会社などがまだ夏休みに入っていなかったりあいにくの曇り空だったせいか、この時期にしては空いていたと思われ、のんびり遊んできた。

15時半頃にサマーランドをあとにして、圏央道あきる野インターから入間まで車を飛ばし、コストコへ。
時間にして十数分だったか?
ホント、圏央道が開通して便利になったと感じた。

コストコでは酒やらウィンナ1㎏やらピザやら肉やらをあれこれ買う。

で、今回は写真を撮ったので45センチ角のピザを載せてみる。(43センチだったかも?)

pizza.jpg
左下にあるのが比較として置いたタバコの箱。
ピザのでかさが分かるでしょうか?

続けて豚肉も載せてみる。
とはいえ加工中~加工後のものですが。

yakibuta_a.jpg
ヘルシオのレシピに沿ってタレを作り、6時間ほど漬け込んだ豚肉をヘルシオ内に。

ウォーターオーブンにて65分加熱。

yakibuta_b.jpg
焼き豚のできあがり。

スライスして残っているタレを加熱して皿に盛る。

yakibuta_c.jpg
盛りつけ方がちょっと雑だけど気にしない。

で、これが美味い。

頻繁に作りたいんだけど、地元で豚肉を買うと今回の半分以下の分量で価格は2倍以上するんで、なかなか作る事が出来ない。

ちなみに今回の豚肉は1㎏以上あり、価格は1200円ほどでした。(ほんと安いよね)

皆既日食

曇っていたし、それ以前に仕事で外に出られなかったので、部分日食を生で見ることは出来ず。
(あとで雲の切れ目から少し見ることが出来たと知り、抜け出せば良かったとちょっと後悔したのだが・・・)

で、NHKの夜の特番を録画して見たのですが、皆既日食というのはやはり最大の天体ショーですね。

テレビの画面で見ても感動できるのに、実際にその場に居たらそれはもう凄いものでしょう。

黒い太陽、プロミネンス、ダイヤモンドリングなども凄かったですが、船の上からの映像で周囲360°全てが夕焼けのようになった風景は美しかった。

子供の頃、天文好きだったので何かの天文書を読み、将来自分が大人になったときに日本で皆既日食があることを知り、きっとそのときは見に行くんだ!なんて思っていたものですが、いざそのときになってみればそのような情熱は消え去っていたりして・・・。

なんか自分の今までの人生を少し考えてしまった日食の日でありました。

などど、意味不明に終了。

バイオハザード5 PC版

発売が9月17日に決定したとか。

5をプレイする前に4をやっておかなければ行けないので、どのタイミングで購入するか今のところ未定だが、秋から冬にかけてはしばらくネトゲは休止することになりそう。

でもって、昨日からダウンロード可能になったベンチマークを落として早速試してみる。

まずは某掲示板のテンプレに沿って環境。

【CPU】 Core2Duo E6850@3GHz(定格)
【RAM】 4GB
【M/B】 P5Q-E
【VGA】 HD4850
【VGA Driver】 8.591.0.0
【OS】 XP SP3
【DirectX】 9.0C

【スクリーン解像度 】1920x1080
【画面モード】 フルスクリーン
【ディスプレイ周波数】 60Hz
【垂直同期】 オフ
【フレームレート】 可変
【アンチエイリアス】 8x
【モーションブラー】 オン
【影品質】 高
【テクスチャ品質】 高
【画面クオリティ】 高

結果は・・・。(以下、画像クリックで拡大)

1920_a.jpg
うーむ。

アンチエイリアスを切ったらどうだろう。

1920_na.jpg
高画質でプレイするには全くPC性能が足りていない感じ。

解像度を1680×1050に一段落とし、アンチエイリアスを“8x”に戻してみる。

1680_a.jpg
これでもダメか・・・orz

設定をデフォルトの1280×720のアンチエイリアスなしにしてみる。

1280_na.jpg
これでやっとランクS。

解像度を変えずにアンチエイリアスを“8x”に。

1280_a.jpg
ランクA。

うーむ・・・。

現システムからもっともコストを掛けずにパワーアップさせるとして、CPUをQ9650、VGAをGTX 285辺りに交換すれば少しはマシになるのだろうか?

とはいえ、これだけでも7~8万円はかかるんですけど。

てなことで、実際にプレイをするときは設定を落として遊ぶことになりそう。

まぁ、1280×720でも十分きれいな画質なんで問題ないでしょう。

というか、凄い画質ですね。
こんな画質でバイオがプレイできるなんて今から楽しみ!

と、まぁ、その前に大きく変更されたシステムにかなり戸惑いそうではありますが。





AIONその後

Lv9で転職、Lv10で飛行可能と知ったので、とりあえずそこまでは、とプレイを続ける。


Aion0013.jpg
で、羽が生えたので満足してしまった。

続けているうちに少し面白く感じて来て、一ヶ月位は課金しても良いかな、なんて思ったけれど、最後に行き着く先は対人なので昨夜クライアントをアンインストール。

しばらく映画を観る日々を過ごしたら、CABALに復帰する予定。

AION

オープンβが開始された7日。

朝からログイン祭りで混乱していたようだが、仕事から帰った頃には対策済ですんなりログイン。
制限が解除され天族のキャラが作れるようになっていたので、適当に鯖を選んでとりあえず1体作成。
そのままゲーム内にインして20分ほどプレイ。

で、第一印象は、

絵がちょっと綺麗な普通のMMO

というもの。

この日はAmazonでポチってあったPerfumeのニューアルバム『⊿』が届いており、ネトゲどころじゃなかったので、それきりプレイせず。

昨夜。

どう見ても魔族の方が魅力的だったので適当に鯖を選んでキャラを新たに作成。
最初から続ける気がないのでキャラメイクも適当。

とりあえず気に入ったデフォルトキャラの髪型を変え、目をつり上げ、唇をちょっと厚めにし色を濃くし、胸を大きくしただけ。

ゲーム内に入り1時間ほど遊んでみる。

で、第二印象は、

絵が綺麗なだけのすげー普通のMMO

しかもつまらない・・・。

最初からやる気がない、序盤しかやっていないからこんな印象なのだろうか?
このまま続ければ面白くなっていくのだろうか?

そんな風にも思うけど、Lv18くらいからMobが強くなりPT必須とかメインコンテンツは対人戦とか月額3000円とかを考えると続けるのも無駄な気がする。

とりあえず今夜もう少しやってみて、面白くなかったらアンインストールの予定。

いろいろ

■エヴァTV版
エンドロールのカットと予告編の変更が違いだったのかな。
とりあえずCMカットしてDRにてブルーレイに焼き。
CMはカットして、開始前の予告と「金曜ロードショー」のオープニングを入れたバージョンをHLでDVDに焼いてみた。
まぁ、見返すことはないと思うけどw

ちなみにLT-H90DTVでの録画は問題なく録れたと思ったら、再生に失敗しました、とか言われて再生できず。
何が悪いのか不明だが、観られなくても困らないから、まぁいいか。

■AION
週末に掛けて先行的にキャラを作れる、ということで金曜の夜に作ってみる。

予想通り天族は満員。

金曜の午前10時からなのでホントこうなると分かっていたが、ちょっと「エヴァ携帯」や「Windows 7の先行予約」を確保できなかったリーマンの気分・・・。

なんて事はなく、個人的に魔族は嫌いじゃないので全然OK。

とりあえず名前だけ抑えたかったのでキャラメイクはあまり弄らなかった。
オープンβが始まったらじっくり触ってみるつもり。

と書きつつ、このゲーム一度キャラを作ると同じ名前が使えない、という罠はないですよね?

でもって、帰って来て2ちゃんを見ていたら、公式サイトの更新をミスって課金情報が掲載されていたみたいですね。

もう消えちゃってるけど2ちゃんの書き込みによると、下記の通りだとか。

30日50時間 1800円
30日300時間 3000円
90日 無制限 8550円
90日 無制限 パール増 9000円

時間がないリーマンにとって50時間1800円なら許容範囲か、とも思うけど、廃人に狩られるゲームはもうやりたくないので、オープンβで雰囲気を味わったらそれで終了かな。


■ヤングエース
昨日Amazonから届く。
お目当てだったマリのフィギュアは可もなく不可もなく。
次号はアスカのフィギュアが付録だとか。
Amazonでまたポチろ。

■映画
ネトゲを休止しているのでその時間は溜まった映画を観ている。
けっこうな本数を観ていて既に忘れているタイトルもあるが、面白かったのは、

◇クローバーフィールド/HAKAISYA
素晴らしい怪獣映画。ラストのオチ、さらにエンドロールのオチも気に入った。

◇ブラックサイト
SAWの亜流っぽい映画だが、ネットを使っての公開殺人というのが悪趣味で良かった。

◇シューテムアップ
ここ数年観た映画の中で最高のバカ映画。基本は激しいガンアクション映画なんだけど、妊婦から赤ちゃんを取り上げながらのガンアクション、SEXしながらのガンアクションなどおバカなシーンが満載。
でも、かっこいんだわ、これが(笑)
モニカ・ベルッチ演じる「授乳プレイ嬢」もおバカで素敵w

◇ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
「ショーン・オブ・ザ・デッド」のスタッフによるポリス・アクションのパロディ映画。中盤辺りまでは全然ポリス・アクションなんかしてなくて、田舎の村に起こる連続殺人事件、果たしてその真相は!?そこには村の隠された秘密があった・・・ってな感じでホラー/サスペンス物っぽい展開なんだけど、主人公が覚醒してからの展開が凄すぎる。
ジジババ入り乱れてのガンアクションは最高。
ラストの東宝怪獣映画っぽいシーンも笑えた。
やっぱ好きです、この人たちの映画。次回作も期待


一方、つまらなかった映画はといえば、

◇ブラッドウルフ
人狼族の少女が主人公ということで、アンダーワールド的な映画を想像していたけど、観たら人間とのラブロマンス的な映画でがっかり。
アクションもほとんどないし、変身は人間からいきなり犬(狼)だし、見せ場もほとんどなくつまらなかった。

最後に微妙な映画、ということでこの1本。

◇インランド・エンパイア
上の様な映画が好きな私にとってこの映画は理解不能。
現実と虚構の区別がつかなくなるとか、悪夢のようなイメージとか何となくディックっぽいところがあって3時間という長い映画を飽きる事なく観ることは出来たけれど、終わって見れば何を言いたい映画なのかさっぱり。
何回も観れば少しは理解出来るかもだが、正直もう観る気はしないのが本音。
「エレファントマン」とか「ブルー・ベルベッド」とか「ツインピークス」とか、その異様な雰囲気には惹かれるものの、どうも昔からデヴィッド・リンチの映画はどこが良いのか分からない。
まあ、「ロスト・ハイウェイ」と「マルホランド・ドライブ」は是非とも観てみたい映画だったりするが。

以上、最近観た映画。

もう2~3本見ているような気もするが、印象に残っていないということはきっと大した映画じゃなかったということで省略。

メモ

■エヴァ
今夜は「序」のTV放送。
DMR-BW830で「DRモード」と「HLモード」のW録画を予約済。
ついでにLT-90DTVでも録画予定。
なにやら劇場版ともDVD版とも違う「TV版」だとか。
きっと大きな違いはないと思うけど、ちょっと楽しみ。

あとは、停電が起きるとかニュース速報とかが入らないことを願うばかり。

つーか、いまだにBDを観ていないのだが・・・。

■CABAL
昨夜でプレミアムチケットの期限が切れる。
ちょっと飽きてきた、というかモチベ低下中なのと7月7日からAIONのオープンβが始まるので、ここはすぐにチケットを購入せずしばらく休止しようかと。
PvP主体のAIONを続けるとは思えないけど、お試しで遊んでる期間のチケット代がもったいないですからね。

で、しばらくは溜まった映画を消化するつもり。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

昨日、観てきました。

何を書いてもネタバレになりそうなので何も書きませんが、とりあえず凄い!の一言。


もうホント最初から最後まで目が離せませんし、驚きの連続だし、戦闘シーンのすさまじいビジュアルに鳥肌たちまくり。

そして、クライマックスなんか、目から変な水が出てきそうになったり。

で、マニアの方の中にはあれこれ言う方もいるみたいですけど、私はエヴァヲタではなくただのエヴァ好き、そうミーハーなんで、深読みもしなければTV版や旧劇場版との比較もすることなく、単純に大好きなエヴァの新たな世界が観られるだけで幸せ!って感じです。

でもって、なんにも書かないって言ったけど、一つだけ。

熱いシンジ君かっこいいよ。
やっと君のことが好きになれたよ。

アーーーー!

ってなことで、感想文はいつになるかわかりませんが、ブルーレイが発売されたあとにでも書きます。
プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク