スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ行きます。

■NineHundred 29 Days Later...
昨日は久しぶりに何もすることの無い休日だったので、一ヶ月にはちょっと早かったけどパンストフィルタの効果を確かめるべくPCの清掃をしました。

早速、いつものようにCPUクーラーとリアのファンへの埃の付き具合でチェック。

CPUクーラーのファン
900-3-30-1.jpg


リアファン
900-3-30-2.jpg

もう少しフィルタ効果が高いかと思っていましたが、予想以上の埃が溜まっていました。

でも、何も対策していない状態だと二週間でこのくらいの埃が溜まった記憶があるので、一ヶ月ともなるとこんなものなのかもしれません。

ちなみに私の部屋は畳で布団の上げ下げもあり、またマメに清掃をしているとは言い難いので、埃に関してはかなりの悪環境だと思います。
フローリングなどでマメに掃除をしている部屋ならもう少しましかも。

さて、掃除自体はいつものようにコンプレッサーで埃を吹き飛ばし掃除機で吸い取って終了、と行きたいところですが、ここまで埃が溜まるとフィンの縁に付着した埃がコンプレッサーのエアーだけでは簡単に吹き飛んでくれません。

仕方が無いので、綿棒やブラシを使って埃を取り除くわけですが、これがちょっと面倒。

ということで、やはり二週間に一度はケースを開けての清掃をしようかと思ってます。

あと、今回は前面ファンの清掃は行っていません。

元々、前面ファンの清掃頻度を下げたくて始めたフィルタ装着ですので、このままあと1ヶ月は放置してみようかと思っています。

■安物買いの・・・
HDDに映画を録りためて、HDDの空き容量がやばくなったら一気にDVD-Rへダビングして消去、というのが私のDVDレコーダーの使い方。

で、今までは「こんなのいつ観るんだ?」とDVD-Rが溜まっていくばかりだったけど、最近は映画を観る時間が多くなってきたので少しずつ消化中。

しかし、DVDに焼いたときは正常に終了したはずなのに、観られなかったりファイナライズ処理ができないディスクがかなりあることが判明・・・orz

それらのディスクのほとんどは、あの悪評高いPrinco製のディスクで8倍速の物。
で、同じPrincoのディスクでも4倍速だと全く問題ない。
まあ、ちょっとググったら、Princoのディスクは「プリ●ンコ」とか「消える魔球」とか言われていて、4倍速のものもそのうちデータが消えるかもだが・・・。

ということで、やはり激安メディアはダメですね。
Princo製のディスク(商品名は主にSuperX)の悪評は昔から知っていましたが、PCで焼く分には今までトラブル無く使えていたんで安心していたけど甘かったですね。

まあ念のために、とりあえず保存しとけっていうタイトルのみをPrinco製のディスクに焼いていたのが唯一の救いです。

ちなみに、DVDを買うほどではないけど何度か観たいっていうタイトルは、一応もう少しグレードの高い国内メーカーブランドのディスク(日本製にあらず)に焼いてあり、全て問題なかったです。

とはいえ、信頼性を求めるなら、やはり太陽誘電あたりの国産ディスクを使うべきなんでしょうね。

スポンサーサイト

混沌としてまいりました

ネトゲから離れて早一ヶ月。
ネタがなく趣味の悪さ丸出しの記事をアップし続けているこのブログ。
しかも、趣味が悪いなら悪いなりに、それなりの情報を提供できればまだ救われますが、中途半端な記事はまさしくチラシの裏。

こんなブログに果たして価値はあるんでしょうか?

と思いつつ、タイトルがキップルだから、まあいいか・・・。

さて、いつものメモメモ。

■ヘッドホン選び
予算15000円以内及び密閉型限定で、買い替えを検討しているヘッドホン。

以下、ヘッドホン購入時には必ずお世話になる、某掲示板「低価格でナイスなヘッドホン」スレを中心にあれこれ調べ、国内メーカーの評判のよい機種から選択した現時点での候補。

◆SONY MDR-Z600
i-Pod nano用に使っているSONYのインナーイヤー型、MDR-EX90SLの音が好きなので候補に。
MDR-EX90SLはモニター品質を目指したというインナーイヤー、MDR-Z600はモニター用のヘッドホン。
ということは、近い音がでるかな?という期待から選んでみる。

◆Victor HP-RX900
下位機種、RX500の評判がかなり良いので、RXシリーズの最上位機種ならもっと良いのかな?と短絡的な理由で選択。
鳴り方に癖があるようだけど、音の広がりと臨場感を高める“アコースティックレンズ”なる機能が映画向きかなと選んでみる。

◆audio-technica ATH-A900
高級ヘッドホンへの登竜門と言われている機種。
価格は上の二機種より2倍ほど高い。

中~高音が美しく分解能も高いらしいけど、このメーカーのヘッドホンの特徴である、高音及びボーカルのサ行のきつさが苦手なので候補から外れかけているところ。(と、分かったように書いていますが、オーテクのヘッドホンはインナーイヤーの安物、ATH-CK32しか持っていないので、ネットからの受け売りです)

さて、こんな感じで三機種に候補を絞ったのは良いが、ほぼ情報元がネットからなのでこれと言って決め手が無い。

先日東京へ行った時に、帰りの高速バスを待つ間のわずかの時間にヨドバシへ突入して、三機種とも試聴したけど、各機種とも聴いたのは1分程度、そして鳴っていたのが好みの音楽じゃなかったのでこれまた判断の材料にならず。

うーん、困った。

購入前にあれこれ悩むときが一番楽しいのだけれど、今後各機種を試聴できる機会はなく決めようがないので、ここは思い切って音楽鑑賞用にZ600、映画観賞用にRX900と二台買ってしまおうかと検討中。

■ネトゲ
月曜日からオープンβが始まったSUNに月曜の夜、早速ログインしてみました。
きれいなグラフィック、職業により性別固定でヴァルキリーは女。

なんとも私向けのゲームじゃないか!

でもチュートリアルの途中で面倒になり終了。
まだ、ネトゲへの復帰は遠そうです。



映画の話

性懲りも無く映画の話。

◆サイレントヒル
コナミのホラーゲームの映画化。
ソースはWOWOWで録画したもの。

とりあえず個人的には、

登場人物の設定やストーリーが原作と違う!とかこの手の映画に文句を言う人って何なの?死ぬの?

って感じなんですけど、こういう人ってストーリーも結末もゲームと全く同じだったら満足するのかしら?

と余計な話はおいといて、面白かったです。

ちなみに、原作のゲームはプレステ2で「サイレントヒル2」をやったことがありますが、雰囲気や特異なクリーチャーは好みだったものの、ゲームとしてはバイオハザードほどはまらず途中で投げ出したので、それほど思い入れはないです。

ストーリーはありきたり(原作のゲームと同じかどうか知らないけれど、とてもJホラーっぽいですね)だし、これと言って怖くも無い。
でも、金がかかっていそうなCGで描いた“美しい残虐シーン”とゲームのまんまな(コアなファンの方は違うというかもですが)クリーチャーがとても気に入った。

特に看護婦みたいなクリーチャーが一斉にカクカクと動くシーンは大好き。

最後、諸悪の根源である狂信者のばあさんなんかは凄いことになってしまうけど、CGで描かれているせいか全く血なまぐさくなく、ホラーの苦手な方にもオススメかもです。

ラストの落ちもよい感じ。


◆デッドオアライブ
これもゲームの映画化。
ソースはこれもWOWOW。

「お、お、お、俺のかすみが、なんでデヴォン青木なんだよー!!」という人は見ない方が吉。

私はロリ顔巨乳美少女には全く興味がないんで、誰が演じようが無問題。

映画自体はこれぞB級映画の鑑!何も考えず笑いながら観ていられる映画です。

というか、セクシーなおねーさんたちが、意味もなく水着になったりしながら最初から最後まで格闘しているという、かなり私のツボにはまった作品(笑)

全く脈略もなくビーチバレーのシーンも登場します。

ちなみに、私のお気に入りはなんてたって女泥棒クリスティー。

シャワー後バスタオル一枚のところへ刑事と警官二人に踏み込まれる。
「とりあえず服を着させてね」という感じで、警官の前でパンツをはき男どもを悩殺(死語)

続いて、「ブラを取ってね」と頼まれ、拳銃でブラを取り渡そうとする刑事。
そこで蹴り!

空中を舞うブラと拳銃。(ちなみに銃はグロッグ)
その間に外したバスタオルで二人の警官をぶちのめす。

そして落ちてくるブラに両手を伸ばす。
ブラはしかるべきところへ、スポっ!

続いて落ちてきた銃をつかみ、刑事の股間へ銃口をピタっ!

「ホックしてね」

刑事がホックをしたところで、銃で殴打!

最初にクリスティーが登場するシーンでのこのアクションは最高!(に笑った)

これはアクション映画史上に残る名場面ではないでしょうか。(真剣に)

さて、こんな映画ですから当然良識ある方々には認めてもらえないらしく、先ほどAmazonを見たら、3990円のDVDが62%OFFの1500円!

うーん、ポチってしまいそうw

東京

先の週末は土曜は長野へ日曜は東京へと出かけ、忙しく過ごしてました。
まあ、忙しいと言っても仕事ではありませんけど。

長野へ行った用件はとってもプライベートな事柄なので省略。

東京では一度やってみたかった、はとバスに乗っての東京観光をしてきました。

はとバス乗りたかったんですよ、はとバス。

東京には以前に7年ほど住んでいましたし、前の仕事では月に数回の東京出張があったりでそれなりにいろんな所へ行きましたけど、このような純粋な観光目的で東京を訪れたのは小学校の修学旅行以来かも。

今回のコースは、新宿→浅草→水上バスで隅田川くだり→東京タワー→新宿に戻るといったもの。
途中、国会議事堂前を通過したりガイドのお姉さん(実はおばちゃん)が歌舞伎町の解説をしたりと、まさに観光気分。

で、終わってみての感想は、あんまり面白くなかったw

やはり東京にはお金を持って物欲を満たしに行くのが一番ですね。

と、唐突に終了。

だとあんまりなんで、写真を数枚貼っておきますねw

水上バスを追いかけてくる鳥。(鳥の種類なんてシラネ)
bird1.jpg

最初は何かの習性か?と思っていたのだけど、餌が欲しくて追いかけてくるのね。
bird2.jpg

投げると空中キャッチ、手に持っているとパクリと奪っていくなど、なかなか見ていて面白かったです。

映画「三丁目の夕日」の影響で再ブームらしい東京タワー。
tower.jpg

連休中などはチケット購入とエレベータ待ちで二時間ほど待つこともあるとか。
このときもかなり混んでいて係員が「階段を上る徒歩コースなら早いですよ~」とか言っていました。(徒歩コースは一度上ってみたいかも)

久々のメモメモ

■自転車
今日は午後から雨の予報だったので古い方の自転車にて通勤。

サス無しクロスに二日乗った後だと、フロントサスの効果がよく分かった。
荒れた路面やマンホールのふたを乗り越えるとき、そして歩道の段差などでほとんど振動を感じないのはあらためて快適だと感じる。

「安物サスなどあるだけじゃま」「車体を重くするだけ」「上り坂ではサスに力が吸収されるので、無いほうが楽」などなど通の方々からはデメリットばかり言われるフロントサスだが、速度など求めることもなく街乗り・通勤メインの用途ならサス付クロスやスリックMTBも悪い選択肢ではないと個人的には思う。
とはいえ、リジッドフォークのクロスにしたことに後悔は無いし、次に自転車を買い換えるときはよりロードに近いフラットバー・ロードを選択したいと思っているくらい。

■映画の話
相変わらず時間があるときは映画を観ています。

以下、最近観た映画と役に立たないコメント。

◆ヘルゾンビ
ゾンビの文字につられてWOWOWで録画したもの。

正真正銘の糞映画。
十数年ぶりに見終わったあと、俺の一時間半を返せ!と思った。

怖さなし、グロ無し、緊張感なし、ゾンビじゃねぇしのダメホラー。
もっともらしいメッセージを込める前に、ホラーとしてやるべきことをやってもらいたいところ。

映画なんて楽しむもの。
どんなクズ映画でも一つくらいはおっ!と思わせるシーンがある。
それだけでも観た甲斐があるじゃん。

そう思っている人だけど、10年に1度くらいはこんな映画に当たるもの。


◆アサルト13 要塞警察
永遠のB級映画監督(ほめ言葉)ジョン・カーペンター初期の傑作“要塞警察”のリメイク作品。

カーペンター初期の傑作などと偉そうに書いているけど、実のところオリジナルの要塞警察ははるか昔にTVで放送されたのを一回観ただけ。
すごく面白くて夢中で見た記憶だけは残っているが細部まで覚えていないため、現時点ではオリジナルとの比較はできず。

大雪で孤立した警察署を襲う武装集団。
立ち向かうは、自分たちの身を守るために協力した警察官3人と犯罪者5人。

オリジナルの雰囲気が・・・とか言わずに何も考えず派手なドンパチを楽しめば良い映画。

面白かったです。

ちなみに、ラストのどんでん返し(?)はちょっと見えちゃったけど、どう見てもヒロインで最後は主人公とツーショットか?という民間人のあの人が、あっさりとあの様なことになってしまったのは、驚いたと共に新鮮だった。

◆ゴースト・オブ・マーズ
要塞警察と言えば、これはセルフリメイクだよな?と購入してあったDVDで二回目の鑑賞。

ジョン・カーペンターしては珍しく女性が主人公の作品。
得体の知れない連中が襲撃してくる、犯罪者と警察官が協力してそいつらと戦う、なんてところはやはりリメイクっぽい。

首が飛ぶもの!雰囲気が西部劇だもの!カーペンターだもの!とカーペンターファンの私には、それだけで満足な作品。

そして、主役のナターシャ・ヘンストリッジとラストシーンが素敵すぎる。

でも、普通の人にはけっしてお勧めしない映画。

◆スピーシーズ3
ゴースト・オブ・マーズを見終わった後にちょっとググったら、ナターシャ・ヘンストリッジがスピーシーズの「シル」と知り、あわててWOWOWで録画したものを観る。

でも、ナターシャ・ヘンストリッジは出てきてすぐに死んでしまったのでちょっとショボーン。

スピーシーズの一作目はそれなりに話題になった映画なのでご存知の方も多いと思うけど、一言で言えばこのシリーズは、

( ゚∀゚)o彡゜オッパイ!オッパイ!

な映画w

ネチョネチョグログロエロエロなシーンやギーガがデザインしたエイリアン、そしてオッパイ。

グダグダ言うな!理屈やテーマなんぞいらん!客が見たいのはこれなんだよ!!と言う(言ったかどうかは知らないけど)製作者の志の低さが素敵すぎ。

これはぜひとも1と2をもう一度、観たいところ。
でもそれらはビデオテープに録画したものしか持っていないので、またWOWOWで放送して欲しい。


とまあ、最近観た映画。

いつものように意味不明だけど、趣味の悪さとバカさ加減は分かってもらえるかと。


■ほしい物リスト追加
これヤバイ!これ欲しい!



つーか

音楽的センスなんて全く無いけど、何年も前に万単位で「Rebirth(廉価版のReBirth Oneだけど)」買って使って(使え)ないけど、DS持ってないけど、先ほどポチりましたw

7月になったら頑張ってこれで、「ボクハオンガクカDSカタテニ」ピッポ♪ボヨ~ン♪とかやるんだ!

ああ、その前にDSをなんとかしないとw

ちなみにAmazon限定販売。
そして、現在ゲームソフトランキング1位。

ぜひともヒットして、次はDS-303を発売してもらいたい。

■Amazonといえば
数週間前に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版」をポチりました。
これまた楽しみ。


LGS-TR-LITE Eの続き

本日のコメントスパムを送ってきたホスト

.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

先日、so-netからの書き込みを禁止したやつと同じだろうな、書き込み内容から見て。

大阪の業者マジウザス!


さて、LGS-TR-LITE Eの話。

昨日今日と通勤に使った感想。

・乗り出しの軽さはそれほど大きく変化したとは思えなかった。むしろツルツルのスリックを履いているATX-830の方が軽く感じるかも。
磨り減るまで換えるつもりは無いけど、交換時はもう少しトレッド・パターンがスリック寄りで、32Cあたりの若干今より細いタイヤを選んでみようかな。(28Cは細すぎでなんか怖い)

・荒れた路面走行時や歩道の段差を乗り越えるときにハンドルにくる振動は、ATX-830よりかなり強く感じる。
やはり腐っても(古いし整備もしていないから、ほんと腐ってるって表現がピッタリです)フロントサスがあるATX-830の方が振動がなく楽な感じ。(当然ですが)

・シフトチェンジがカチカチと決まり、気持ちよすぎ。
これは新品だからなのか7年経つ間にシフトレバー自体が進化したものなのか不明。
でも、ATX-830が新品のときにこんな感じでシフトチェンジが決まった覚えが無いのでやはり進化なのかも。(記憶が薄れているだけかもなので話半分で・・・)
とりあえず今は、今後ディレイラーの調整をするときのために、この感覚を覚えておくことが必要。

・アジャストステムの角度調整をしていないので現状だとちょっとアップポジション。その分楽な姿勢で乗れるわけだがもうちょっと前傾姿勢にしたいところ。

・自転車本体の話じゃないけど、サイクルコンピュータはやはり楽しい。
今日の最高速度は時速40.0Kmだったとか会社までの距離は片道7.23km(8㎞なかったのか)とか、平均速度は19.9Kmだった、なんてのが分かるのはより自転車に乗る気にさせてくれます。

とまあ、とりあえずこんなところ。

慣れないこともあり今までのATX-830より劣っているような記述もありますけど、充分満足しています。

ただ、ママチャリから初めてこの手の自転車に乗り換えた訳じゃないので、それほど感動はありませんけど。

で、基本的には通勤用なんですけど、暖かくなってきたことだしデジカメでも持ってちょっと遠乗りでもしてみたいな、なんて思い始めているところ。(思っているだけの気もしますが)

LGS-TR LITE E

昨年末にネットで注文したルイガノのLGS-TR LITE Eが土曜日に届きました。

とりあえず納車記念の画像。

買ったのは某掲示板でなぜだか叩かれているサイクルベースあさひ。(いつもパーツをここで買っていますが特に問題なく、私にはなんで叩かれているのかよく分かりません)

自転車がそのまま入っているので、こんなでかい箱で送られてきます。
lgs0.jpg


中はこんな感じ。
ハンドルだけ縦になっています。
lgs1.jpg


とりあえずハンドルを横に直しパチリ。
lgs-be.jpg


反対から。
lgs-be2.jpg


新車の時はこんなに綺麗なんだと記録。
lgs-dr.jpg


チェーンガードは今まで自転車より大きくこれならズボンの裾も汚れないかな?
lgs-f.jpg


ハンドルにはベルと反射板が付いていましたが、これは後で外しました。
lgs-h.jpg


早速、ワイヤーロックやサイクルコンピュータを取り付け。

サイクルコンピュータの取り付けはちょっと難しいかなと思っていましたが、ワイヤレスのため配線の必要がなくとても簡単。
cc2.jpg


試し乗りした後のサイクルコンピュータ本体の画像。
cc.jpg


ワイヤーロックやライトなどを付け、フル装備の画像。
lgs-af.jpg


最後におんぼろMTBと並べて。
830.jpg


で、続いてインプレに行きたいところですが、時間がないのでまた明日にでも。

すみません。
完全に自己満足の記事です・・・まあ、今さらですが。

欲しい物リスト(笑)

Amazonの「欲しい物リスト」が凄いことになっていますね。

最初に騒ぎを知ったときは、なにをいまさらって感じでしたが、あれこれ見て行くうちに非公開でもgoogleのキャッシュに残る可能性があると知り、自分の情報が晒されていないかちょっと心配になりチェックしちゃいました。

結果はおk。

まあ、本名も住所も登録していないし、ブックマーク代わりに使っていたリストの中身は、「スリックタイヤ」「ヘッドホン」「ゲーミング・キーボード」の三つだったから、晒されていても全く問題なかったわけですが。

しかし、あれですね。

某掲示板に晒されているURLをいくつか回ってみましたが、Amazonもアダルトグッズなんかに力を入れていないで自転車パーツを充実させてもらいたいところ、と思いました。

まぁ、圧倒的にアダルトグッズのほうが需要が多いんでしょうけどw

ということで(いつものように、どういうことか分かりませんが)今の私の欲しい物リストw

・ヘッドホンサラウンドアダプター SU-DH1
・SU-DH1用と組み合わせて使う15,000円以下の密閉型ヘッドホン(機種、現時点では絞れず)
・CASIO The-G GIEZ GS-1000BJ-1AJF(クロノグラフタイプの電波・タフソーラ時計)
・ワイド液晶モニタ(機種は現時点では絞れていないが、第一候補は三菱のMDT221WG。24インチが欲しいところだけど、スペース的に厳しい。)
・その他、ブルーレイディスクレコーダーに東芝「REGZA Z3500」の37インチ(無理w)

とまぁ、最後の一行は無いとして、上4つは真剣に購入を検討中。

と思っていたら・・・・

クロスバイクの発送メールきたー!!!

予定より2ヶ月も早く届くのは嬉しいけど、金が・・・。

てなことで、欲しい物リストは当分リストのままです。

あ!そだ。

Amazonで欲しい物リストに登録して公開すれば、誰か送ってくれるかな?(ナイナイ


激しくサボりました

定期的に書き込まれるエロ系コメントスパムがウザいので、「.osaknt01.ap.so-net.ne.jp」からの書き込みを禁止しました。
ログを見る限り、上記ホストからお知り合いや一般の方のアクセスは無いようですが、もし該当する方がいたらごめんなさい。

さて、最近のことをメモメモ。

■ネトゲ
もう二週間ほどネトゲをまともにプレイしていません。
先々週は1日30分ほどCABALでスキル上げをしていましたが、先週は全くインせず。

飽きたとか萎えたとかではないし、一過性のものでそのうちまた始めるとは思うけど、今は他のことに時間を使っているほうが楽しいって感じ。

ただあれだ、某日記の管理人さんにヘクセンを(ry

■映画
ネトゲをしないで何をしているかというと、ここ数日は映画を観ています。

以下、最近観た映画への一言コメント

・ソウ3
WOWOWで録画したものを観る。

評判悪いみたいだけど個人的には◎。

この手のアイデア勝負の映画で、続編に1作目以上の作品を期待するのは難しいというか無理。
何も知らず何も分からず観た1作目に比べ、誰が何のためにゲームを行っているか分かっている続編で1作目以上の怖さや不条理な状況を感じられるはずないもの。

作り手だってそんなことは分かっているわけで、より過激なスプラッター描写や複雑な仕掛けで観客を怖がらせたり驚かせようとするしかない。

それを素直に楽しんで観るのが吉。

私は十分に楽しめました。

でもかなり痛い描写が多いのでグロ系が苦手な方は、避けた方が無難。


・デッドフライト
これもWOWOW。

ジャンボジェット機内にゾンビが出現!
フライトパニックもの+ゾンビものというB級バカ映画。

突っ込みどころ満載だけど、こんな映画に突っ込んでも仕方ありません。

何も考えずにゲラゲラ笑いながら観るのが吉。

動作がすばやい“デモンズ系”のゾンビはメーキャップも気合が入っていてかなりいいです。


・ヒストリー・オブ・バイオレンス
これもWOWOW。

クローネンバーグの映画を観るのは久しぶり。

家族愛、暴力、過去を捨てて人は生まれ変わることができるのか、過去を捨てれば罪を捨てることができるのか・・・。
いろんなことを考え、いろんなことを語ったり書くことができる映画だと思う。
でも、私はバカなんで書きませんけど。

観てて思ったこと。
クローネンバーグらしく暴力描写は徹底してるけどグロさは微塵も感じない。
ヒーロー物の映画なら、主人公はバカ強くてカッコいいと思われるシーンも、この映画だとそう感じられない。
相手を撃ち殺した後でも、完全に死んでいることを確認するまで銃口を向けている描写がリアルでお気に入り。

何を書いているか分からないけど、自分でも分かっていない。

この映画はマイフェバリットに追加されたました。

傑作。


・ブラックホークダウン
これは何年か前に買った初回限定DVDで。(シュリンクも破っていなかった)

戦闘シーンが凄すぎ。
プライベート・ライアンの冒頭30分の凄まじい戦闘シーンが、開始30分後辺りからほぼ最後まで続くと言ったら分かりやすいかな。

銃好き、ミリタリー好きな人には堪らない映画かも。
でも(多少のヒロイズムが描かれているにしても)カッコいい!とか思える映画ではないですね。

ノンフィクションを元にした映画で最後に戦死者の数が出ますが、アメリカ兵19人(実際は18人だったらしい)に対しソマリア人の死者は1000人以上だとか。

戦争の理由はどうであれ、恐ろしいことです。

またも何を書いているか分からなくなってきた。

まぁ、あれです。
プラトーンを観て、電動エアガンのM16でBB弾を撒き散らした私はもういないと言うこと。(意味不明)

ところでこの映画は「アカデミー賞音響賞」を獲っているだけあって、戦闘シーンの銃声とかが凄い。

今回は観たのが深夜だったため、PCにてドルビーバーチャルヘッドホンで音声を聞いていましたが、それでも遠くで鳴る銃声などはかなりの臨場感を感じられました。

ぜひともこれは、昼間にリアルサラウンドでもう一回観たいところ。

・ウルトラヴァイオレット
再びこれはWOWOWの録画で。

安っぽいCGに荒い合成、これまた安っぽくてセンス悪い色使いやデザインのセット、そして結構テキトーなストーリ。

アメリカ政府が開発したウィルスが漏れ、それに感染した人間は高い身体能力を持つ超人間「ファージ」に変化していた。その力を恐れた人間政府は、彼らを抹殺し始めるが、生き残ったファージは地下組織を結成し、政府との戦いを始めた。
やがて人間政府はファージを絶滅させる最終兵器の開発に成功。それを知ったファージ側は、最終兵器強奪のため、最強の殺し屋ヴァイオレットを送り込む・・・。

ということで、ヴァイオレットを演じているのがミラ・ジョヴォヴィッチ。
まんまアリスじゃねえか!と公開当時から突っ込まれてましたね。

でも、そんなの関係ないです。

アリスより化粧ばっちりで美しく、タイトなコスチュームに身をつつみそのスタイルの良さを強調したミラお姉さんのアクションを何も考えずに堪能するのが吉。

けっして、ヴァイオレット強すぎ、敵弱すぎというか何も考えずに突っ込んできて殺される奴らってバカすぎ、とか思ってはいけませんよ。

戦うヒロイン大好き!CABALのツインアームガンナーに感動!の私には、もう大満足の映画。

録画したDVDは永久保存決定!(さすがにDVDまで買う気はないけど。あ、でも廉価版ならw)

追記。
何の予備知識もなく観たわけですが、この映画の監督は『リベリオン』の人なのね。
そして、アメコミ風の『グロリア』を撮りたいと言っていたとか。

なるほど。
となると、あのセンス悪いデザインや色使いもわざとなのかも。
いろんな意味で納得。


・それでも僕はやっていない
地上波の放送にて。
CMでぶち切れる地上波の映画しかも邦画、ということで全く観る気は無かったけど、観だしたら止まらず最後まで。

どんなホラー映画よりこれは怖い。

お涙ちょうだいの恋愛映画や、二時間枠のスペシャルで充分じゃんと思われるテレビドラマの劇場版なんて決してみる気はしないけど、こんな邦画ならたまには観るのもいいかも。

ということで、最近観た映画への一言コメントでした。

ほんと、意味わかんないですね。

こういったものを書く度に、つくづくまともな映画レビューが書ける知性や感性や文才があればと思うんですけど、「映画なんか楽しむもの」という人なので、一生まともなレビューを書けるようにはならないでしょう。



で、映画を観だしたら、今使っている(今はなき)AIWAのHP-AK100より、もう少しまともなヘッドホンが欲しくなったわけだが。

とここからヘッドホン選びに関して書きたいところですが、時間がないのでまたそのうち。

再開、電車通勤

スリックタイヤに履き替え順調だったオンボロMTBですが、先週末から後輪の辺で異音がするため、昨日メンテ本片手に後輪のチェックをしてみました。

すると、折れていたのはクイックレリーズだけでなくハブのシャフト自体が折れていたことが判明。

いあ、タイヤやクイックレリーズを交換するときに、シャフトが両側に外れベアリングの玉が見えたんでおかしいと思ったんですよね。

あれ?確かこいつは専用レンチで外さないといけないんじゃないかって。

でもそこが素人の浅はかさ。
こんなんだっけな?と思いつつもクイックレリーズで止めてご機嫌で走り回っていたという・・・orz

そもそも、ハブの構造さえ知っていればクイックレリーズのみが折れるなんてことは無いことがすぐに分かったんでしょうけど・・・無知って怖いですね。

結局、オンボロMTBは自転車屋へ持ち込み。

部品取り寄せなんで修理から戻るのは一週間から十日後。
修理費は見積もりで6千円ほど。

最初から自転車屋へ持って行けばよかった・・・orz

とこんな状況なんですけど、これもまあ、授業料。

今回、ハブの中が覗けたことや状況を調べたことで、その構造がよく分かりました。
工具が必要だし玉当たりの調整という難易度の高い作業があるみたいだけど、なんとか今後はハブのグリスアップができそうな感じ。(また失敗して自転車屋へ持ち込みなんて可能性も高いですけど、何事もチャレンジで。自分でやらないと覚えないですしね。)

ということで今日からまたしばらく電車通勤の日々。

しかし、早く新しい自転車届かないかな・・・。

パンスト効果

パンストとか書くから、最近エロ系のコメントスパムが多いのだろうか?

さて、偶然にも通りすがりさんからコメントをいただきましたが、昨日NineHundredの清掃を兼ね前面に貼った“パンストを剥がし”(こういう書き方がまずいのか?w)前面ファンへの埃の付き具合を確かめてみました。

パンストフィルターを装着したのが2月3日ですので、4週間経っての状態となります。

その前にCPUクーラーの状態。
(CPUクーラーは二週間前に一度清掃をしています)

cpufan1-1.jpg

cpufan1-2.jpg

ファンの縁に若干の埃が付いていますが、ヒートシンクなどはコンプレッサーでエアーを吹き付けても埃が舞い散る様なこともなく綺麗でした。

続いて前面ファン。

frontfan1-1.jpg

frontfan1-2.jpg

1ヶ月近く清掃をしていないこともあって、CPUクーラーのファンより埃が多く付着しています。

しかし、何も対策をしていない時は二週間で下の画像の状態でしたから、4週間でこの程度ならフィルター効果は十分にあるのではないかと思っています。

frontfan_b.jpg


ついでにゲージ上部。

gauge_20080302205940.jpg

細かい埃はどうしても入り込んでしまいますね。
まあ、フィルタ付きのケースでもこういった埃は入り込むと思いますけど。

結果、これなら3ヶ月程度はパンストを剥がして前面ファンの清掃はしなくてもよさそうかな?
また、内部の清掃も1ヶ月に1度くらいで良さそう?
※検証するために次の清掃は内部1ヶ月後、前面ファン3ヶ月後にしたいと思います。

最後にまたパンストフィルタを装着したNineHundredの画像でも。

900-1_20080302205949.jpg

900-2_20080302205955.jpg

900-3_20080302210002.jpg

前回は二つあるHDDゲージに、それぞれ適当なサイズに切ったパンストを両面テープで貼り付けましたが、これだとテープとパンストの厚みでゲージを押し込むのに抵抗があり気になっていたので、今回は二つのゲージに一枚の適当に切ったパンストを被せメンディングテープで貼り付けてみました。(メンディングテープがちらりと見えてるのはご愛敬)


どうでしょう?
たしかに何も付けない方が格好いいのですが、それほど違和感はないかと。

見た目では以前に試したエアコン用フィルタの方が良いかと思いますが、二週間で埃がこれだけ溜まるので、

filter2.jpg


これだとエアーフローの妨げになるのでは?と結局、二週間に一度の清掃をすることになってしまいます。

でも、パンストだと外から付着した埃を掃除機で吸い取れば済むので、内部や前面メッシュパネルを外して清掃する頻度が減り、かなり楽ではないかと。

ということで、個人的にはパンスト最強!と思っていますw


キーボード購入

今まで使っていたキーボードはロジクールのiK-37SEという安物キーボード。

37se.jpg


見ての通り、いろんなファンクションキーやらボリュームやらが付いているキーボードです。

このキーボード、それほど悪くないのですがちょっと大きすぎるのとFロックという機能がどうにも邪魔で、いつか買い換えたいなと思っていました。

ちなみにFロックという機能は、F-ロックというキーを押すことによって通常のファンクションキーと各ファンクションキーに割り当てられている「印刷」「取り消し」「やり直し」などの切り替えが出来て、ファンクションキーを2倍使えるみたいな機能です。(使ったことないからよく知りませんが)

でも、こいつがくせ者で起動時は必ずF-ロックが有効なんですよね。
そしてこれは設定などで解除することは不可能です。
つまり起動後は必ずF-ロックキーを一度押さないとファンクションキーが通常の役目をしないという。

ロジクールのプレスリリースを読むと下記のように書いてあります。

「Fロックボタン」
普段あまり使われないファンクションキーを、使用頻度の高い「取り消し」「やり直し」「印刷」などの機能に割り当て、効率的なキー入力を可能にします。


いあいあ、ファンクションキーって普段使いまくりでしょう。
カタカナへの変換やATOKの専門辞書への切り替えなんかで多用するし、もちろんネトゲのスキルなんかでも使いまくりです。(ネトゲが普段というのは、まあ、あれですが)

まあ、最初に1回キーを押せば済むのですが何年使っていてもたまに押し忘れて、ブログの記事を書き始めてファンクションキーを押すと変換できなかったり、ネトゲを始めてスキルが発動しないなんてことがある度に買い換えたいなと。

でも、キーボードってどれが良いのかよく分からないんですよね。

高いキーボードを買えば多分それなりに良いのでしょうが、何故かマウスに比べてキーボードにはあまりお金をかけたくないって気持ちがあって安物のキーボードをあれこれ物色していたのですが、これといったものがなかなか見つからず。

それならいっそのことゲーミングキーボードでもと、以前に書いたマイクロソフトの「Reclusa Game Keyboard」とか最近発売されたシグマA.P.Oの「GMKB109WH」とかを候補に上げ、あれこれ調べてみたけどイマイチ決め手に欠ける。

そんな感じで購入を先延ばしにして今まできたわけですが、昨年会社で使っているキーボードが壊れたのでサーバー室に転がっていた古いCOMPAQのキーボードに変えたところこれがすごく使いやすく、こんなキーボードが欲しいなと思うようになりました。

それはもう7年くらい前に購入しすでに本体は廃棄処分されたサーバに付いてきたキーボードで、ホットキーなんか一切付いていないシンプルな109キーボードなんですが、メンブレン式のキーボードにしてはクリック感があって、今売られている安物のふにゃふにゃしたキータッチとは明らかに違うんです。

そして何よりも持つと重い。
昔のキーボードってPC付属の物でもしっかりとした作りで中に鉄板が入っていたりして、ずっしりとした重さがあったんですよね。

これいいなあ。
欲しいなあ。
持って帰っちゃおうかな。

なんて思ったんですけど、会社の物を持ち帰っちゃまずいんでそこは我慢。

で、昨日のこと。

なんで毎日通勤時に店の前を通っているのに今まで気がつかなかったか不思議なんですが、ハードオフのジャンクコーナーに古いキーボードがないか?と思い、早速帰りに寄ってみました。

店内に入りジャンクコーナーへ行くとプラスティックのコンテナ(っていうのかな?)の中に20台ほどのキーボードが乱雑にぶち込まれています。
その多くはNECや富士通の物でイマイチでしたが、その中に会社で使っているCOMPAQと同じくらいの重さのキーボードが1台だけありました。


それが今回購入したキーボード「IBM 5576-B05(KB-8920)」です。(やっと本題に入れた・・・前置き長すぎ)

購入価格 税込み105円(安っ!!なにせジャンク品ですからねw)


まずは購入直後の画像。

ibm1.jpg


ibm1-1.jpg

光の加減で実際以上に汚く見えますが、かなり黄ばんでいます。
でもキートップの文字にはかすれなどなく、またキーを押した感じではへたりなどもなさそう。
帰ってきてすぐにPCに接続し各キーのチェックをしたところ無反応のキーもありませんでした。

早速、清掃に取りかかります。

キーの汚れが酷いのと、またキーの間を覗くと埃がかなり溜まっていたので、キートップを全て外して清掃することに。

ibm2.jpg


ibm3.jpg

こんなに埃が。

キーを外した部分はエアダスターで埃を吹き飛ばし、そのあと綿棒でクリーニング。
本体はメラミンスポンジで水が垂れないよう慎重に磨きました。

キートップはお湯に台所用洗剤を溶かし2分ほど漬けたあとに洗い、洗剤を洗い流してからタオルでさっと水気を取り、新聞紙に広げ一晩放置。

そして今朝、乾いたキートップを昨晩撮影した写真を見ながらはめ込み清掃終了。

結果、見違えるように綺麗に。

ibm4.jpg


ibm5.jpg


でも実はこのジャンク品、裏のスタンドが片方ありません。
とりあえず手首用の小さいビーズクッションを片方に入れ左右の傾きがなく問題なく使えていますが、できることなら完全体にしてあげたいので、こまめにハードオフへ寄りジャンク品コーナーにまた同じキーボードがないかチェックしていきたいと思っているところ。
また、地元にはあと数軒ハードオフがあるので、近くに行ったときにでものぞいてみようかと思っています。

てなことで、長くなりましたが105円のキーボード購入記でした。

誰が使ったか分からないものなんか使えるか!という人もいらっしゃるとは思いますが、これけっこう楽しくてお勧めですよ。

安く良い物が手に入るだけでなく、もしかしたらあのまま誰にも使われることなく廃棄されたかもしれないキーボードが、こうやってまた何年か使えるようになったってのは、なんか気持ちいいです。




プロフィール

キャンD

  • Author:キャンD
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。